コンタクトレンズ・眼鏡処方

コンタクトレンズ・眼鏡処方

患者様の眼に合ったコンタクトレンズ・眼鏡の処方を行います。
ご不明点等ございましたら医師・スタッフに遠慮なくご相談ください。

はじめに

はじめに

「眼がいい」「眼が悪い」などとよく言いますが、ほとんどの方が「視力がいい」「視力が悪い」という意味合いで使われているのではないかと思います。

学校や会社の健康診断、運転免許取得・更新の時に測定されるのも視力です。「1.0」「0.1」などの数値であらわされます。

眼鏡を作る上で、視力は非常に大事なデータですが、視力だけでは、患者様に合った眼鏡を作ることはできません。
眼鏡を作るには度数がわからないとつくれないのです。

既製の老眼鏡に「+1.00」など書かれているのはご存知かと思いますが、その「+1.00」と書かれた数値が度数を表しています。

視力0.1の人が、ある人の度数は「+2.00」、ある人は「-1.75」といったように、同じ視力であっても、度数は異なることが多々あります。
残念ながら、視力だけでは、正確な度数を出すことはできないのです。
ですから眼鏡を作るときは、視力だけでなく、度数も測定をするわけです。

「度数」について

視力から度数を正確に導き出すのは困難なように、度数から正確な視力を導き出すのも困難です。(ある程度の予測は可能です。)

度数は左右、別々に示されます。

また、度数は左右、まったく同じであるのが正常というわけではありません。ほとんどの方が、左右異なる度数です。

度数は通常、0.25刻みで、D(Diopter ジオプトリ―)という単位で表されます。0.25→0.50→0.75と数字が大きくなるにつれて、度数が強くなります。度数がない状態のときは「0.00」「平面」「PLANO」などと表記されます。「-1.00Dの近視」であれば「1/-1.00 = -1」と計算されます。「-1.00Dの近視」の人の焦点距離(遠点)は「眼前(符号がマイナスなので)1m」ということになります。裸眼の時、眼前1mのものはハッキリ見えるけれど、それよりも遠くにあるものは距離が遠くなるほどぼやけてしまうということです。逆に、1mより近いものは、ある距離までは、「調節力」を働かせることにより、ハッキリ見ることが可能です。

多摩なのはな眼科クリニック

所在地
東京都多摩市落合1丁目35
ライオンズプラザ多摩センター
電話番号
042-401-7878
最寄り駅
小田急線:小田急多摩センター駅
京王線:京王多摩センター駅
多摩モノレール:多摩センター駅
診療受付時間
  日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日

MAP