一般眼科

一般眼科

結膜炎

結膜炎とは

結膜炎とは

結膜炎は、まぶたの裏側を覆っている膜(結膜)と白目の部分が、赤く充血して炎症を起こした状態です。細菌やウイルスへの感染で起こる細菌性結膜炎やウイルス性結膜炎、アレルギーで起こるアレルギー性結膜炎(詳しくは別ページ「アレルギー性結膜炎・花粉症」をご覧ください)など、様々な種類があります。

細菌性結膜炎

黄色みがかった粘り気のある目ヤニがたくさん出て、白目が充血し、目の違和感や痛みを伴います。普通は片目に症状が出ますが、両目に出ることも少なくありません。

黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌、インフルエンザ桿菌など、主に身近な細菌に感染して起こります。淋菌感染により起こった場合は、淋菌性結膜炎(膿漏眼)と呼ばれ、多くは性交渉によってうつります。ほかに、クラミジア菌への感染が原因となる封入体結膜炎というのもあります。
抗菌薬や抗炎症薬の点眼などによる治療をきちんと行えば、通常は数日で治ります。

ウイルス性結膜炎

アデノウイルス、エンテロウイルスなどのウイルスへの感染で起こります。下記のように、様々な種類のウイルス性結膜炎が知られています。

咽頭結膜炎(プール熱)

アデノウイルスへの感染で起こり、感染してから1週間くらいで症状が現れてきます。目の充血や目ヤニなどの結膜炎症状のほか、喉が腫れて痛み、高い熱が出たりします。目の症状は片目から始まり、両目に広がります。プールの水を介して感染するケースが多く、注意が必要です。水泳の前後には、必ず洗眼やシャワーを行いましょう。ウイルスには抗菌薬が効かないので、治療の基本は抗炎症薬などによる対症療法になります。

急性出血性結膜炎

原因ウイルス(エンテロウイルス)に感染してから1~2日で症状が現れてきます。白目に出血を伴うのが特徴で、目が充血し、目ヤニや涙がたくさん出てきます。非常に感染力が強く、すぐ他人に感染しますので、タオルの使い回しは避け、目をこすった手はよく洗いましょう。治るまで、学校や会社は休みます。

治療については、ウイルスに有効な点眼薬はありませんが、ウイルスで弱った目は細菌などへの感染が起こりやすいので、抗生物質と抗炎症薬の点眼を用います。治癒までには、通常1~2週間かかります。

流行性角結膜炎(はやり目)

流行性角結膜炎は、俗に「はやり目」と呼ばれ、アデノウイルスへの感染によって発症します。発症は夏季に多く、また1~5歳くらいの小児に多いと言われますが、成人を含む幅広い年齢層に見受けられます。

流行性角結膜炎の症状

症状としては、結膜が充血し、たくさんの目ヤニや涙が出て、まぶたの腫れや目の痛みなどの症状を伴うこともあります。乳幼児では、下痢症状を起こしたりもします。アレルギー性結膜炎とは違い、痒みはほとんどありません。耳の前や顎の下にあるリンパ節が腫れることもありますし、結膜(白目の表面を覆っている粘膜)に白い炎症性の膜が生じることもあります。特に小さなお子さんに生じやすいようです。

この病気の潜伏期間は約1~2週間です。最初は片目だけに発症しても、数日のうちにもう片方に症状が出ることがあります。通常、発症してから約1週間後に病状のピークがあり、その後次第に改善してきます。炎症が強い場合ですと、黒目の表面に点々と小さな濁りが発生することがあります(角膜炎)。

流行性角結膜炎の治療

特効薬はありませんが、不快な症状を和らげる目的で、炎症を鎮める非ステロイド性抗炎症点眼薬やステロイド点眼薬が使用されます。また、抵抗力が落ちている結膜に細菌が感染しないように、抗菌薬の点眼が予防的に使用されるケースもあります。

症状は、ウイルスに対する体の抵抗力がついてくるに従って次第に治まり、通常は2~3週間くらいで治ります。

流行性角結膜炎の感染予防

アデノウイルスは、非常に伝染力の強いウイルスであり、主に手を介して伝染します。流行性角結膜炎を家族等にうつさないために、以下の点に注意しましょう。

  • なるべく手で目をこすらないようにする
  • 目を手やタオルで拭かず、ティッシュペーパーなどの使い捨てを利用する
  • 患者とそれ以外の人で、手や顔を拭くタオルを別にする
  • 患者もその家族も、流水でよく手を洗うようにする
  • 入浴の際は、患者が最後に入る など

※流行性角結膜炎は、「学校保健安全法」により、感染力が無くなったと医師が判断するまでは学校に登校できない疾患に指定されています。大人の場合も、感染を広げないために出社は控えます。

ドライアイ

ドライアイとは

涙の量が減少して、角膜や結膜などの目の表面(上皮)が、言わば肌荒れを起こしたようになり、様々な不快症状が現れる状態を「ドライアイ」と言います。

ドライアイの2つのタイプ

ドライアイは大きく分けて、涙の分泌量が減少するタイプと、涙の蒸発が亢進するタイプの2種類があります。長時間にわたるVDT作業、エアコンによる室内の乾燥、コンタクトレンズの長時間装用、ストレスの増加などにより、涙の蒸発が亢進するタイプのドライアイが近年、増える傾向にあるようです。

ドライアイの症状

ドライアイでは、目の疲れ、目が重い、目が熱い、目の異物感、目の充血など、症状は多種多様ですが、意外にも疾患名となっている「目が乾く」といった症状を訴える人は少ないようです。症状が悪化してくると、目が痛い、目を開けていられないなどの症状が現れるようになり、さらには頭痛、肩こり、気分不快など、全身的な症状が見られるケースもあります。

ドライアイの原因

ドライアイは、いろいろな要因が複合的に絡み合って発症すると考えられています。現代社会ではパソコン、携帯電話、テレビゲームなどの浸透により、モニター画面を見続ける生活が日常化していますが、それによって瞬きの回数が大幅に減り、目は乾燥しがちになります。冷暖房の普及や夜型の生活様式、ストレスの増加もドライアイの発症に関与していると言われます。

また、シェーグレン症候群(目や口などの粘膜が乾く全身病)では、涙の分泌量が極端に減少し、重いドライアイ症状が見受けられます。

ドライアイの検査

問診・視診をした後で、下表のような検査を行うのが一般的です。いずれの検査も比較的短い時間で済み、痛みなどは伴いません。

シルマー試験

涙の量を調べる検査です。専用の細い濾紙(涙紙)を眼の涙点上にはさんで瞼を閉じ、5分間でどのくらいの長さ分の涙が染み込んでくるかを調べます。

涙液層破壊時間(BUT:BreakUp Time)検査

瞬きをしない目を開けたままの状態で、涙の層がどのくらいの時間で壊れるかを、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡という装置を使って観察・測定します。

生体染色検査

目の表面の状態を検査するには、フルオレセイン(黄色い染色液)の点眼により眼球表面を染め、スリットランプと呼ばれる顕微鏡を使って調べる方法がよく用いられます。角膜や結膜に傷や凹凸などがあると、その部分が染まって見えます。

ドライアイの治療

ドライアイの治療としては、人工涙液、ヒアルロン酸製剤、ムチンや水分の分泌を促進する点眼薬、ムチンを産生する点眼薬、ドライアイ用のメガネ(レンズ周囲に透明なカバーを取り付けて涙の蒸発を防ぐメガネ)の装用などの方法があります。

点眼薬で症状が改善しないようなら、涙点(涙の排出口)をプラグで閉じたり、あるいは外科的に糸で縫合する涙点閉鎖術を行ったりします。

ドライアイのセルフケア

ドライアイを予防するには、日常生活上のセルフケアが大切です。長時間にわたるVDT作業を行う際には意図的に瞬きを増やしたり、1時間に1回は休憩を挟んだりするようにしましょう。室内が乾燥し過ぎないように加湿器をうまく活用し、適度な湿度を保つ配慮も必要です。また、コンタクトレンズを使用していて目がゴロゴロするなどの違和感を覚えるようなら、メガネを併用するなど、症状を悪化させない工夫をしましょう。

ものもらい(麦粒腫と霰粒腫)

ものもらいは、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と霰粒腫(さんりゅうしゅ)の2種類に分けられます。一般的には、麦粒腫をものもらいと呼ぶことが多いようです。

麦粒腫(無菌)はまぶたに細菌が感染して膿が溜まった状態であり、霰粒腫はまぶたに脂肪が溜まった状態で、さらに細菌感染を伴う場合は化膿性霰粒腫と呼ばれます。
この二つは、見た目はよく似ていますが、症状も原因も異なります。

麦粒腫

麦粒腫は細菌感染が原因となるものもらいで、症状としては、始めは痒く、次第にまぶたが赤く腫れて痛むようになります。

麦粒腫の原因

麦粒腫は、黄色ブドウ球菌などによる細菌感染が主な原因です。

まぶたには、マイボーム腺(まぶたの縁にある皮脂腺)とまつげの根元の脂腺という大きく二つの腺があり、それぞれが感染ルートになります。 麦粒腫はさらに外麦粒腫と内麦粒腫の2種類に分けられますが、いずれも細菌感染が原因です。

外麦粒腫

まぶたの外側にできる麦粒腫です。マイボーム腺以外の分泌腺に細菌が感染し、炎症を起こします。ほとんどの麦粒腫はこの外麦粒腫で、症状は瞬きをした際に異物感が伴う程度です。

内麦粒腫

まぶたの内側にできる麦粒腫です。マイボーム腺に細菌が感染し、マイボーム腺が炎症を起こします。かなり強い痛みが伴います。

麦粒腫の治療

治療方法は、症状の程度により異なってきます。軽度の場合は抗菌薬を含んだ点眼薬を使用します。やや腫れている場合は、点眼薬だけでなく、抗生物質や抗炎症剤などの内服薬を併用します。膿が溜まり過ぎた場合は、切開により膿を出さなければならいない場合もありますので、やはり早めの治療が必要となります。ものもらいかも知れない、と思った段階で眼科を受診しましょう。

霰粒腫

霰粒腫は、俗に「めいぼ」とも呼ばれ、俗名の通り目にいぼ(しこり)ができます。まつげの根元にあるマイボーム腺という部分に脂肪が溜まることによって起こります。溜まった脂肪は自然に破裂して排出されることがあります。麦粒腫に似ているため、眼科医による専門的な診療が望まれます。

霰粒腫の症状

麦粒腫と異なり、ふつう痛みはありませんが、炎症(細菌感染による化膿)を起こすと痛みを伴うようになります。炎症を起こした霰粒腫は、化膿性霰粒腫と呼ばれます。炎症を起こした場合は、一見麦粒腫とよく似ているため、正しい診断のもと、適切な治療を行う必要があります。

霰粒腫の治療

自然に治るケースも少なくないのですが、角膜を圧迫するなど重い場合は局部麻酔をして手術で除去するか、ステロイド注射をして脂肪の吸収を促進する治療が行われます。

多摩なのはな眼科クリニック

所在地
東京都多摩市落合1丁目35
ライオンズプラザ多摩センター
電話番号
042-401-7878
最寄り駅
小田急線:小田急多摩センター駅
京王線:京王多摩センター駅
多摩モノレール:多摩センター駅
診療受付時間
  日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日

MAP