加齢による眼のご相談

加齢による眼のご相談

白内障

白内障

眼の中の水晶体はレンズの役割を果たしており、そもそもは透明で、光線をよく通します。しかし、主に加齢によって水晶体のたんぱく質は変性し、徐々に白く濁ってきます。この状態を「白内障」と呼びます。加齢以外の原因としては、全身疾患(糖尿病など)、薬(ステロイドなど)の副作用、外傷、紫外線、喫煙などが挙げられます。

白内障の患者様はたいへん多く、早ければ40歳頃から発症し、80歳を超えると、程度の差こそあれ、ほとんどの人が白内障になると言われます。

白内障の症状

白内障は、初期の段階では自覚症状に乏しいケースが多く、自分では気づきにくいものです。しかし、病状の進行とともに下記のような症状が見られるようになってきます。
こうした症状を覚えたら、一度眼科を受診しましょう。

  • 目が霞んで、辺りが白く霧がかかったように見える
  • 明るいところでは、かえって目が見えにくい
  • 太陽光や街灯、車のヘッドライトなどの光をひどく眩しく感じる
  • 視力が低下して、小さな文字が読みにくくなる
  • メガネの度が急に合わなくなる など

白内障の検査

問診・視診後に、下記のような検査を行うのが一般的です。

視力検査

矯正視力検査を行い、白内障による視力低下があるかどうかを調べます。

細隙灯顕微鏡検査

白内障の診断に欠かせない検査で、顕微鏡を用いて、水晶体の濁りの程度を直接観察して調べます。

白内障の治療

経過観察

症状が軽度で日常生活に支障が無いようなら、経過観察をしながら、ケースによっては、点眼薬(水晶体のたんぱく質の変性を阻害して、白内障の進行を抑える薬)による治療を行います。

手術療法

白内障の症状が進み、日常生活に不自由を覚えるようになったら、人工のレンズ(眼内レンズ)を入れる手術が検討されます。手術では、まず白く混濁した水晶体を超音波白内障乳化吸引術という方法(専用の器具から超音波を出して水晶体を砕き、シャーベット状にして吸引する)で取り除きます。この時に、水晶体を包んでいる袋(嚢)の後ろの部分を残しておきます。この水晶体後嚢に眼内レンズを挿入します。基本的に局所麻酔下に行い、手術時間は20~30分くらいです。

緑内障

緑内障とは、房水(目の中を循環する体液)によって保たれている眼球内圧(眼圧)が適正範囲を超えてしまうために視神経が障害され、目が正常な機能を保てなくなり、次第に視野が欠けてくる疾患です。

ただし、なかには眼圧が正常範囲(10~21mmHg)であっても緑内障になってしまうケース(正常眼圧緑内障)もあるため、眼圧だけでは緑内障かどうかは判断できず、診断にあたっては、視神経の状態をきちんと調べる検査が欠かせません。

40歳になったら一度は検査を

一度障害を受けた視神経は再生することが無いため、緑内障は失明の危険さえ伴う非常に怖い病気と言われています。緑内障もやはり早期発見・早期治療が大切なので、40歳くらいになったら、一度眼科で検査をお受けになるよう、お勧めいたします。

緑内障の原因

緑内障の確かな原因は明らかにされていません。眼圧の高い状態が続くと、目の奥の視神経が障害されて緑内障となります。眼圧は21mmHgまでが正常範囲とされていますので、これを超えるような眼圧が続くと、視神経が障害される可能性が高くなります。

しかし、眼圧が高くない人の間にも緑内障が少なくなく、そのため眼圧以外にも緑内障の原因があると考えられています。視神経が弱い、血流が少ない、免疫異常など、いろいろな原因が挙げられていますが、確かな証拠の見つかっているものはありません。

緑内障の検査

問診・視診後に、下記のような検査を行うのが一般的です。

視力検査

緑内障が進行すると視力低下が現れますので、他の眼疾患と同様に、視力検査はやはり重要な検査です。

眼圧検査

眼球を外から押して、押し返してくる力を測定します。

眼底検査

目の奥(眼底)にある網膜・血管・視神経の状態をそれぞれ調べます。

視野検査

視野計を用いて、一点を注視した際の周囲に見える範囲を測定します。

隅角検査

隅角(角膜と虹彩の間にある房水の流出路)の状態から、緑内障のタイプを調べます。

緑内障の治療

緑内障の治療にあたって何と言っても重要なのは、眼圧を下げ、これ以上視神経が障害されないようにし、ひいては視野障害が進行しないようにすることです。

そのため、緑内障の治療では、最初に点眼薬によって眼圧を下げる治療を行います。まずは1種類の点眼薬で治療を開始し、それで十分な効果が得られなければ、点眼薬を変更したり、作用の異なる薬を追加したりします。それでも眼圧が十分に下がらない場合や視野障害が進行してしまうケースでは、レーザー治療や手術を検討します。

眼精疲労

眼精疲労とは、眼を使う作業を続けることにより、眼痛、視界のかすみ、まぶしさ、充血などの眼症状や、頭痛、肩こり、吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しない状態を言います(しばらく休憩したり睡眠をとったりすれば回復するような一時的な目の疲れは「疲れ目」と呼ばれます)。

眼精疲労の原因

目に何らかの問題があって発生することが多いのですが、その多くは度の合わないメガネを使用していたり、老視(老眼)の初期などで無理な近業作業を行ったりしていた場合です。緑内障や白内障でも眼精疲労が出現することがあり、注意を要します。最近は特にパソコンなどを使用する機会(VDT作業)が増えたため、これが原因となる眼精疲労が目立って増えています。

その他、全身疾患に伴うもの、心因性のもの、環境によるものなど、眼精疲労をもたらす要因は多岐にわたっています。

眼精疲労の治療

まずは原因を探し、それが発見されたら排除することが必要です。メガネやコンタクトレンズが合わない場合は作り直し、目の病気が見つかればその治療をします。パソコンを使用する機会の多い人は、適度な休息(1時間に1回、5~10分程度)をはさみながら行うことが大切です。眼精疲労に特効薬はありませんが、ビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬が効を奏することがあります。

老眼

老眼(老視)は40歳前後から始まる目の老化現象です。目のピント合わせをする水晶体の弾力性が老化により衰えて、調節力(調節の幅)が小さくなるために、近いところが見えにくくなるのです。近くが見えにくくなっているのに無理をしていると、肩こりや目の疲れ、頭痛、吐き気などのような症状が現れ、日常生活にも支障が出かねません。

また、視力の低下を感じていても老眼だからと自己判断して放置される中高年の方も少なくないのですが、緑内障や加齢黄斑変性など、隠れている別の病気が進行して視力が低下しているケースもあります。そういう可能性もありますので、目がかすんだり、なんとなく見えにくくなったりして来たなと思われる方は、早めにご相談ください。

加齢黄斑変性症

網膜の中心にある黄斑(おうはん)は、網膜の中で最も解像力が高く、物を見るときに非常に重要な役割を持っています。その重要な役割を持つ黄斑の組織が、加齢により異常をきたした状態が、加齢黄斑変性症です。

加齢黄斑変性症の症状

加齢黄斑変性症は、視野の中心がゆがんで見にくくなり、部分的にかけてみえるようになります。進行すると視力も大きく低下していきます。また、加齢黄斑変性症には、下記の二つのタイプがあります。

滲出型

脈絡膜から異常な血管(新生血管)が生えてくるタイプの滲出型です。新生血管は破れやすいため、出血をしたり、血液中の成分が出てしまい黄斑が腫れるため、物を見る細胞の機能が障害されます。病状の進行が速いため、急激な視力の障害が起きます。

萎縮型

網膜にできた老廃物が蓄積し網膜の細胞が萎縮していくタイプの萎縮型です。病状の進行は滲出型に比べると緩やかです。

加齢黄斑変性の治療

加齢黄斑変性症に深くかかわるVGEF(血管内皮増殖因子)の働きを抑える薬を眼に注射します。加齢黄斑変性の原因の新生血管の増殖を抑えることができます。

多摩なのはな眼科クリニック

所在地
東京都多摩市落合1丁目35
ライオンズプラザ多摩センター
電話番号
042-401-7878
最寄り駅
小田急線:小田急多摩センター駅
京王線:京王多摩センター駅
多摩モノレール:多摩センター駅
診療受付時間
  日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日

MAP